アパレルにおける生産性とは??

2017/01/30

今日の東京は日中、本当に暖かかったですね。こう暖かく、風が強いとそろそろ花粉の時期が到来かとビクビクしています。

今日1/30、新宿である出版記念の公演会が開催されましたので行ってきました。(ここではあえて主催者の意図で「公」演会としてます。文字通り壇上で劇をしていました。)更新のたびに必ずブログチェックしてる、ちきりんさんの公演会です。

去年の11月に出版された「自分の時間を取り戻そう」という生産性に特化した本のお話を聞ける内容だったんですが、公演の最後にあった参加者との質疑応答時にちきりんさんが、アパレル業界の生産性について触れた箇所があったんです。それについて少し。


だいぶ端折って言うと、ファッションのレンタルサービス(具体例に出したのはバッグのレンタルサービス)の生産性ってすごく高いですよねって話。ここでいう生産性が高いというのは、レンタルサービスがもたらす価値が凄く高いよね、ってこと。

一般的に生産性が高い=効率よく物事を進めるか、と解釈する人がいますがここでは違います。ちきりんさんの唱える生産性とはアウトプット(成果)をいかに最大限引き出せるか(出来る限り最小の努力で)、が大前提にあるのです。

そこでこのファッションのレンタルサービスの生産性の高さが際立っていると氏は言うんですが、掘り下げてみると、、、

①パソコンやスマホで家にいながらレンタルしたいアイテムを選べる点(いちいちお店に出向く必要なし)
②日々の手入れや置き場にも困らずに必要な時に借りられる(断捨離する必要なし)
③一度に大きなお金を払う必要がなく負担が少ない(お金は大事)
④色んなデザインをTPOに応じて借りられる。(冠婚葬祭、デート含めて1つのバッグでやりくりするのは無理がある。)

少なくともこれくらいは生産性が高い理由が挙げられるわけです。
特にこれらのアイテムがいわゆるハイブランドでエルメスやらヴィトンのアイテム(付加価値が高いアイテム)ともなれば、その生産性の高さがより際立ちます。何万円もするバッグや靴を買ったはいいが、特別な日とデートの日でしか使わないなら勿体無いことこの上なし。タンスの肥やしとはこのこと。だったら最小限の経費で毎回新しいデザインのバッグで出かけたら気分良くないですか? って話。

コレクターの方が、「集めることに意味がある」と主張しそうですが、集めた上で何か価値を見出してくれたら収集することも生産性があることと認識されるんですが、今のところ自らのクローゼットやら靴置き場を見て何も見出していないのを見ると、生産性ゼロであります。
むしろ余計な場所をとって、それがために広い家に引っ越し、無駄な家賃を支払っているとなると、生産性がマイナスな状態に。その昔、母親からよく「あんた!これとこれ、似たようなもの持ってるやないの!!」と注意されたものですが、あれも生産性を考えたら「仰せの通りでございます!!生産性のないことを、むしろマイナスなことをしてしまってすいません!!」である。

アパレルでの生産性の高さを考えると、今後アパレルメーカーがレンタルサービス会社専用に商品を作るなんてスタイルも十分ありえそう。それだと完全受注で完全買取してもらえ在庫の心配もないし、しっかりいくらでサービス会社に卸すのか、価格設定さえしてしまえばセールで無駄に粗利を削ることもなくなるわけだから、予算や売上予測も立てやすそう。
逆にアウトレット用の商材を作っている今のアパレルほど生産性の低いものはないと思われます。初めから値引きされたと見せかける赤札で商品を投入して、売れなければさらに値を下げて粗利を下げる。服一枚を作る過程は、アウトレット用も正規のお店用も同じなのに。ああ、ダメな業界。


何はともあれ、いろいろ考えさせられる生産性の高い公演会でした。また本を読み返します。と、同時に自分自身の日々の行動の生産性も高めるようにしないと。


生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
伊賀 泰代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 66

[L.L.BEAN puma]春らしい陽気には春らしい色の服をビックシルエットで。

自身のポートフォリオサイトが完成しました。

宣伝用、営業用のツールとして活用していきますので是非ご覧ください。

yswardrobe (1/29更新)




Outer:L.L.BEAN
Inner:Champion
Inner:Hanes
Pants:ordinary fits
Shoes:puma

日中20度まで気温が上がった東京。聞けば4月の気候なんだとか。

年末年始も暖かかったし本当にこの頃の天気は分からない。

分からないついでにもう一つ。

参照元:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/28450/490594

画像はTHOM BROWNE. NEW YORK というブランドの2017秋冬のコレクションアイテム。

ファッション業界はすでに今年の秋冬アイテムに注目が集まっている。

筆者はファッション評論家でもなんでもないのであくまで消費者目線ではあるが、このランウェイ画像を見たとき

「いったいどれ位の人がトムブラウンのアイテムを理解できるんだろう?」なんて下世話なことを思った次第。

凡人には分からない芸術性、装飾性が施されていることに気付いた瞬間でした。

相変わらず凄いです、トムブラウン先生。凡人にもそれくらいはわかりました。

トムブラウンに関してもっと知りたい方はこちら




本題に戻ってわかりやすい自分のコーディネートの紹介を。

小春日和ということで、明るい色のアイテムを取り入れたかったので

マスタードカラーのLLビーンのナイロンロングシェルパーカーに、やたらと大きい古着のスウェットを。

よくタグを見たらXXLとな。そりゃ大きい。

でもゆったりを通り越してダボっと着る分には良いサイズ。


ブルーを基調としたコーディネートに合わせて足元も発色のいいプーマのスエードで。

明るい色のスニーカーを持っていれば春から夏にかけて重宝します。

デニムに、ショートパンツにと合わせるシーンも増えますね。



スウェットも大きければ羽織ったアウターも輪をかけて大きいものを。

春にかけて活躍してくれそうな色合いです。

今日のように暖かい日は歩いているだけで汗が出てきそうなので、さっと脱げて

寒くなったらさっと着れるのもポイント。

あまりにちょうどなサイジングだと面白くもないので、あえてビックに合わせてはいかがか?

[ZARA 2017 SPRING / SUMMER MENS]Her Style.

2017/01/29

前回のCasual Military&Rock Denim.に続きまして、最終回の今回はジェンダーレスを表現したテーマです。

その名も「Her Style」。この名前はZARAの広報の方から聞いたので正式テーマです。

(前回、前々回と筆者が勝手に名付けました、すいません。)

Her Style

そう聞いて「どういうスタイルだろう?」と感じる方も多いと思うので、早速写真を。




ブースを見てパッと目に飛び込んでくるのが、「色合いが鮮やか」であるということ。

まるでレディースのアイテム? と思うほどペールトーンのアイテムが多く、特に薄いピンクに惹かれます。

Her Styleとは色合いが「女性のような柔らかいスタイル」と解釈。

大手セレクトショップもペールトーンのアイテムを展開してきているので、区別化を図る意味でも、

「Her Style」って銘打ったのは正解かもしれません。

本当に今年の春夏はペールトーンに注目です!


カットソー類にもペールトーンのアイテムを展開されていましたが、注目のアイテムはこちら。

ダブルのジャケットはイタリアンカジュアルテイストにぴったりなアイテム。イタカジってやつですね。

ZARAはスペインのブランドではありますが、ヨーロッパ人が好みそうなデザインではないでしょうか。

白シャツや薄いストライプ生地のシャツに合いそうなジャケットです。

膝丈くらいのショーツに合わせてもいいかもしれません。

胸元のトンボの刺繍などは某メゾンブランドを意識でしょうか。可愛らしいディティールです。

ポケットチーフ以外のアクセントポイントしてもいいですね!

ピンクのジャケットは17990円。



ピンク色以外にも薄いブルーや、ベージュテイストのアイテムも多く展開。

いきなりピンクはハードルが高いので、このような薄いブルーのシャツの上に、ベージュのジャケットを羽織るだけでも、

トレンドを押さえたスタイルになります。

おっと、ここにもトンボの刺繍が。

(すいません、シャツのお値段は失念しました。)


全3回に渡ってお届けしたZARAのメンズの展示会報告、いかがでしたでしょうか?

各テイストが全くバラバラで見ているこちらも楽しめるコレクションでした。

一部店頭でも既に展開されているアイテムもあるようです。ぜひ実物をご覧下さい!

さてさて、次回はどちらのブランドの展示会報告でしょうか。

次回の更新をお楽しみに!

(取材OKのブランドも募集中です!お気軽にご連絡を。)

[ZARA 2017 SPRING / SUMMER MENS]Casual Military&Rock Denim.

前回の「Street」に続きまして、今回は「Casual Military&Rock Denim.」

あえてカジュアルミリタリーと銘打ったのはベタベタなミリタリーよりも、

ZARAのフィルターを通りてより街着にカジュアルダウンされていると感じだから。



レディースでもビックシルエットのMA-1が展開されていましたが、メンズでも丈の長いアイテムを展開。


価格は11990円。英字のプリントを前面にもってきて、この辺りもストリートを意識でしょうか。

ミリタリーのテイストの中にもストリートを。街着として着やすい、合わせやすいデザインを心がけて。



オレンジ色のカットソーや、スタイリッシュにテーパードがかかった迷彩柄のパンツなども注目です。




続いてはロックデニムに関して。

これはもうこの写真を見てもらえればわかると思いますが、「ローリングストーンズ」のアイテムです。

春夏にピッタリな色合いのデニムジャケットは表にローリングストーンズおなじみのベロマーク、

バックプリントは「The Rolling Stones」の文字が。ほつれ具合であったり、デニムの色合いであったり、

ローリングストーンズをよく知らない人であってもこのデザイン、シビれるのではないでしょうか?

Tシャツは3490円、デニムジャケットはすいません、失念しました。


カジュアルミリタリー&ロックデニム、いかがでしたでしょうか?

さて、最終回はジェンダーレスを思いっきり前面に出したデザインの登場です!

乞うご期待!

[ZARA 2017 SPRING / SUMMER MENS]Street.

2017/01/28

今回のブログのテーマは「Street」をテーマに展示会の内容を報告します。

実際にショールームでアイテムを見たときにそのデザインの良さに感心。

ファストファッションのデザインの中でZARAは飛び抜けている印象を受けました。


カジュアルラインの一角ですが注目したのが以下のアイテムです。



リメイクT及びパーカー。

「うそ、ZARAってこういうの展開してるの!?」と正直驚きました。

日本のブランドでリメイクアイテムを発売しているところがいくつかありますが、

どのブランドのアイテムも結構な値段がします。それも当然で加工賃が普通の服より高いんですね。

(余分に裁断したり縫製したり、ですね。)

でもZARAならば、、、。

Tシャツで3490円、パーカーで6990円とかなり手頃。

レディースのバンドTの所でも書きましたが、こういうテイストのアイテムって

普段取り入れてないと結構な冒険になるんですよね。

「持っているパンツと合うかな?そもそも似合うのかな?」なんて二の足を踏みがちですが、

Tシャツからなら試しに買って合わせることが出来る価格だし、

黒とグレーの掛け合わせなのでコーディネートしやすいデザインだと思いませんか?

服好きとしてはバンドTをダメージ加工させてリメイクしてくれたらなーと思ったり。

でもこれでも十分雰囲気が出ているアイテムです。


こちらの一角は「アジアのストリート」がテーマになっています。

スカジャンに刺繍アイテムなどそれらしいアイテムが目白押しですが、ここでもびっくりアイテムが。


写真中央のこのカットソー。見えにくいので公式から画像を拝借しますが、今年の干支である鳥が

きちんと刺繍されたアイテム。プリントではないですよ、刺繍です!


これでお値段6990円。いくら機械で刺繍を施すと言ってもこの価格で展開出来るなんて、さすがZARAです。

(公式画像も見え辛いですね、、、。)

他にもデザイン違いでこんなアイテムも展開。


こちらのアイテムは7990円。単なるスウェットだと高いと思われる方もいらっしゃると思いますが、

刺繍加工でこの価格は他ではないです。断言できます。

デザインそのものはどうなのかというと、例えば袖のロゴなど話題のヴェトモンをはじめ、

日本のアパレルブランドでもよく取り入れられるようになったデザインです。

参照元:https://stylehaus.jp/articles/3776/
参照元:https://stylehaus.jp/articles/3776/
袖の上から下まで「ばーんっ!」とプリントされているわけではありませんが、

流行のスリーブロゴデザインを取り入れられています。

刺繍の鳥もスカジャンの背面によく施されているデザインを彷彿させます。

鳥の種類もいかにもアジア的な雰囲気。


もちろんスカジャンもバッチリ展開されていました。

先ほど渋谷の実店舗を拝見しましたがウインドーのマネキンにも使われていました。

価格は11990円。去年、スカジャン買ってない!という方、今年もその流れは続いているので、

春のアウターにいかがでしょうか??

さて次回は「Casual Military&Rock Denim.」と題してお届けします。

こちらからどうぞ!

[ZARA 2017 SPRING / SUMMER MEN'S]Introduction

2017/01/27

レディースに引き続いて、ZARAの2017年春夏コレクションへ取材に行って来ましたので展示会場の画像等を交えながら

いくつか気になったアイテムや全体の雰囲気を紹介します。

レディースも完成度が高かったコレクションでしたが、メンズはそれ以上かもしれません。


まずはエントランスの雰囲気からもうストリートの雰囲気満々です。

今回のパリコレでもヴェトモン旋風が巻き起こっていますが、ヴィトンがシュプリームとコラボレーションしたりと、

ストリートの雰囲気、テイスト、デザインはもはやどの業態のブランドも取り入れ必須と言った印象。


この写真のアイテムなんてその影響を思いっきり受けて作られた印象を受けます。

サイズが大きめに作られているわけではないので、あくまでデザインの踏襲に止まりますが、

もともとZARAのサイジングは日本人にするとかなり大きめですので、ワンサイズアップだけでも

今っぽいビックシルエットになります。


個人的に注目したのが中央にあるリメイクパーカー。こちらはTシャツも展開しているとのこと。

この辺りのアイテムも含めて詳しく次回「Street」というテーマを設けて紹介します!

こちらからどうぞ!!

[needles Alden]太っといのがお好き!?ミリタリーパンツの太さを考える。

2017/01/26

自身のポートフォリオサイトが完成しました。

宣伝用、営業用のツールとして活用していきますので是非ご覧ください。

yswardrobe (1/26更新)



Jacket:colina
Shirt:rebuild by needles
Pants:needles
Shoes:Alden

太っといのがお好き!?と聞いていやらしい話だと思った貴方。ごめんなさい。

思いっきりパンツの太さの話です。ワイドシルエットなんて言われて耳にタコができてますけど、

今開催されているコレクションを見ても、ビックやらワイドやらは継続しそう。

どこまで続くやら、この勢い。


久しぶりに着回し特集します!ネタを探す日々でしたがようやく見つかりました。

でも、その前に、、、。

今日の着回しはミリタリーパンツなのですが、私自身が影響を受けたデザイナーに

エンジニアードガーメンツの鈴木大器さんという方がいらっしゃいまして。

鈴木大器氏 (参照元:GQ JAPAN)

カーキのパンツにビルケンシュトックがアイコンになっていて、トップスは

チェックシャツの日もあれば、ジャケット、Tシャツの日もあるといったスタイル。

ジャケットって本来かっちりとしたスタイルに合わせるべきなんでしょうけど、

思いっきり真逆にあるようなミリタリーパンツに合わせているスタイルにびっくりし、

さらに似合っているんだから二度びっくり。かっこいいおじ様で御座います。



そんなわけで憧れの鈴木大器氏に近づけるように!?ミリタリーパンツの着回しです!

ミリタリーパンツ、どう着回す?



使ったパンツはこちら。写真は5本だけど1本後から出てきたので追加。

(ちなみに鈴木さんは50本ほどミリタリーパンツ持っているそう。自分なんてまだまだ。)

色味もそうなんですが、今日はそのミリタリーパンツの太さの違いを見ていただければ。

合わせたトップスは同じジャケット、シャツです。

ジャケットはノーマルなデザインですが、白シャツのクセがすごい!(千鳥ではないですよ、、、。)

普通の白シャツに合わせても面白くもなんともないので、あえてパンチの効いているアイテムを選択。

では早速見比べていきましょう。



まずは手持ちのアイテムで細い部類に入るアイテムから。

正直この辺りでは細さの違いがわかりにくいですね。

細いといってもレギュラーフィットといった具合でしょうか。定番の太さです。



お、右側は少しシルエットに変化が。

カーゴパンツらしく、太もも部分のポケットのあたりにボリュームが出てきたのが見て取れます。



この辺りに来るとかなりシルエットが太いのがわかります。

右側のパンツはかなり太めです。もうここまで来るとワイドシルエット以上の別のなにかといった感じ。

(なんやねん、って話ですが、、。)




一番細いパンツと太いパンツを並べて見ました。

横から見たらその違いが一目瞭然なのですが、意外に後ろ姿も履いてみると違ってきます。

シャツで隠れてしまって見えにくいですが、お尻周りにもかなり余裕があります。

余裕がある=動きやすい、と思いきや、、、、。

ミリタリーパンツは生地がしっかりしているものが多いので、ゴワゴワして逆に動きにくかったり、

生地そのものが重かったりで見た目ほどの快適さは保証できません。

アパレルが出しているパンツもあえて本格的仕様にして太い番手の糸を使って織られた生地を使用したりしているので

実際に触ったり履いたりしてみることが重要です。

個人的にはやっぱり、ゆったりシルエットなパンツがいいなと思います。

ミリタリーパンツ、カーゴパンツといえばある程度の太さがあったほうがアイテムの雰囲気も出ますし、

ジャケットとシャツなんかと合わせちゃって、そのごちゃ混ぜ感を楽しみたいのもです。

(やりすぎは注意ですが、、、。)


写真編集をしていてこのほつれがものすごく気になりましたので、しっかりカットしておきました。

ほつれ加工もほどほどに、ってことでしょうか。



今日のコーディネートに戻ります。

足元に合わせたのはオールデンの革靴。

ジャケットにはやはり革靴が似合いますが、ミリタリーパンツにも意外と合わせやすいのでは? と思っています。


色合わせのおさらいです。

今日はシンプルに3色。春先に向けてカーキの色をもう少し明るいものにすれば

その上にシャツとスニーカーってスタイルも良いですね。

ミリタリーパンツ、めっちゃ使えますよ。

Translate

注目の投稿

【初めてブログをご覧になる方へ】初めましてのご挨拶

これまで600本以上記事を書いておきながら、まともに自己紹介もしてこなかったので、 これを機会に初めてご覧になっていただける方や、日々訪問して頂いている方々への自己紹介をアップします。 * 身長:175cm 体重:65kg トップス...